鍼灸師になろうTOP > 頚腕症候群の検査法 > アレンテスト

アレンテストについて

アレンテスト

アレンテストとは、頚腕症候群の検査法のひとつで、患者の患側の上腕を90度まで外転させて、肘関節も90度に屈曲し、手掌は前方に向けさせ、橈骨動脈の脈拍を検査する。次に頭部を強く健側に回旋する、脈拍が微弱になったときを陽性反応とする。斜角筋症候群でも陽性になる。このテストは、正常者でも陽性になることがあるので注意が必要である。



鍼灸師になろう!について

鍼灸師になろう!は、試験や専門学校など、これから鍼灸師になりたい方のために、鍼灸師に必要な情報をまとめた総合情報サイトです。 高齢化社会を迎えて需要はますます高まっていくことが期待されており、男性女性を問わず人気のある資格です。素朴な疑問やぜひ知っておきたい東洋医学専門用語などを解説します。