鍼灸師になろうTOP > 頚腕症候群の検査法 > 肩押し下げテスト

肩押し下げテストについて

肩押し下げテスト

肩押し下げテストとは、頚腕症候群の検査法のひとつで、検者は患者の後方に立ち、患者の頭を一側に傾けて、反対側の肩を押し下げる。このテストで疼痛が増強すれば、神経根を包む硬膜鞘や付近の関節包の癒着、または椎間孔の骨棘形成などにより、神経根が刺激もしくは圧迫、伸展されていることを示す。



鍼灸師になろう!について

鍼灸師になろう!は、試験や専門学校など、これから鍼灸師になりたい方のために、鍼灸師に必要な情報をまとめた総合情報サイトです。 高齢化社会を迎えて需要はますます高まっていくことが期待されており、男性女性を問わず人気のある資格です。素朴な疑問やぜひ知っておきたい東洋医学専門用語などを解説します。