鍼灸師になろうTOP > ツボ入門 > 奇穴(28穴)

奇穴(28穴)について

奇穴(28穴)

●四神聡(ししんそう)
取穴部位:百会穴の前後左右各々1寸の部に4穴を取る
要  穴:
筋  肉:帽状腱膜
運動神経:
知覚神経:眼窩上神経、耳介側頭神経、大後頭神経
血  管:眼窩上動脈、浅側頭動脈、後頭動脈
主  治:頭痛、めまい、精神病、てんかん、不眠、多夢、耳鳴りなど

●印堂(いんどう)
取穴部位:神庭穴の下方、眉間中央陥凹部に取る
要  穴:
筋  肉:鼻根筋
運動神経:顔面神経
知覚神経:滑車上神経
血  管:滑車上動脈
主  治:小児のひきつけ、鼻疾患、頭痛、めまい、不眠、三叉神経痛、吹き出物など

●太陽(たいよう)
取穴部位:眉毛の外端と外眼角との中央から後1寸の陥凹部に取る
要  穴:
筋  肉:側頭筋
運動神経:三叉神経(下顎神経)
知覚神経:上顎神経頬骨側頭枝
血  管:頬骨眼窩動脈、深側頭動脈
主  治:頭痛、眼疾患(充血、腫れ、眼瞼下垂、角膜炎、結膜炎など)、歯痛、顔面神経痛など

●眉衝(びしょう)
取穴部位:眉毛の内端の上方、神庭穴と曲差穴の間に取る
要  穴:
筋  肉:前頭筋
運動神経:顔面神経
知覚神経:眼窩上神経
血  管:眼窩上動脈
主  治:眩暈、頭痛、鼻閉、癲癇など

●翳明(えいめい)
取穴部位:乳様突起の下縁、翳風穴の後方約1寸に取る
要  穴:
筋  肉:胸鎖乳突筋
運動神経:副神経、頚神経叢筋枝
知覚神経:大耳介神経
血  管:後頭動脈
主  治:耳下腺炎、眼疾患(白内障、近視、遠視、視神経萎縮など)、耳鳴り、眩暈、不眠症、頭痛など

●定喘(ていぜん)
取穴部位:第7頚椎棘突起と第1胸椎棘突起間の外5分に取る
要  穴:
筋  肉:僧帽筋、菱形筋
運動神経:副神経、頚神経叢筋枝、肩甲背神経
知覚神経:頚神経後枝
血  管:頚横動脈
主  治:咳嗽、喘息、気管支炎、じん麻疹など

●巨闕兪(こけつゆ)
取穴部位:第4・第5胸椎棘突起間に取る
要  穴:
筋  肉:棘間靭帯、棘上靭帯
運動神経:
知覚神経:胸神経後枝
血  管:肋間動脈背枝
主  治:心臓疾患、呼吸器疾患、喘息など

●督兪(とくゆ)
取穴部位:第6・第7胸椎棘突起間の外1寸5分に取る
要  穴:
筋  肉:僧帽筋、菱形筋
運動神経:副神経、頚神経叢筋枝、肩甲背神経
知覚神経:胸神経後枝
血  管:肋間動脈背枝
主  治:心臓疾患、心痛、動悸、呼吸器疾患、消化器疾患、腹脹など

●中枢(ちゅうすう)
取穴部位:第10・第11胸椎棘突起間に取る
要  穴:
筋  肉:棘間靭帯、棘上靭帯
運動神経:
知覚神経:胸神経後枝
血  管:肋間動脈背枝
主  治:食道痙攣、背部痛、肋間神経痛、小児疳虫症など

●痞根(ひこん)
取穴部位:第1・第2腰椎棘突起間の外3寸5分に取る
要  穴:
筋  肉:広背筋
運動神経:胸背神経
知覚神経:腰神経後枝
血  管:腰動脈背枝
主  治:胃腸カタル、腸疝痛、腰痛など

●気海兪(きかいゆ)
取穴部位:第3・第4腰椎棘突起間の外1寸5分に取る
要  穴:
筋  肉:腰背腱膜
運動神経:
知覚神経:腰神経後枝
血  管:腰動脈背枝
主  治:腰痛、腸疝痛、痔疾患、便秘、子宮疾患(月経痛、月経不順など)など

●腰眼(ようがん)
取穴部位:患者を直立または伏臥させて、第4・第5腰椎棘突起間の外3寸5分、あたかも両眼の如き陥凹部に取る
要  穴:
筋  肉:広背筋、外腹斜筋、内腹斜筋
運動神経:胸背神経、肋間神経、腸骨下腹神経
知覚神経:腰神経後枝
血  管:腰動脈背枝
主  治:腰痛、生殖器疾患(精巣炎、卵巣炎など)、婦人科系疾患など

●上仙(じょうせん)
取穴部位:第5腰椎棘突起と正中仙骨稜第1仙椎棘突起間に取る
要  穴:
筋  肉:棘間筋、棘間靭帯、棘上靭帯
運動神経:脊髄神経後枝
知覚神経:腰神経後枝
血  管:腰動脈背枝
主  治:突発性腰痛、腰椎椎間板ヘルニア、下肢の麻痺、腰痛による大腿部の痛み、背中のこわばり、月経痛など

●関元兪(かんげんゆ)
取穴部位:第5腰椎棘突起と正中仙骨稜第1仙椎棘突起間の外1寸5分に取る
要  穴:
筋  肉:仙棘筋、腰背腱膜
運動神経:脊髄神経後枝
知覚神経:腰神経後枝
血  管:腰動脈背枝
主  治:腰痛(冷え、使いすぎなど)、腸疾患(下痢、冷えなど)、婦人科疾患(月経痛、月経不順など)など

●肩内陵(けんないりょう)
取穴部位:上肢を下垂し、腋窩横紋前端と肩隅穴との中点に取る
要  穴:
筋  肉:三角筋、上腕二頭筋
運動神経:腋窩神経、筋皮神経
知覚神経:鎖骨上神経
血  管:前上腕回旋動脈
主  治:肩関節周囲炎、上肢の運動障害、片麻痺など

●落枕(らくちん)
取穴部位:手背にあり、第2・第3中手指節関節間の上5分に取る
要  穴:
筋  肉:背側骨間筋
運動神経:尺骨神経
知覚神経:橈骨神経
血  管:第2背側中手動脈
主  治:寝違えなど

●腰痛点(ようつうてん)
取穴部位:手背にあり、第2・第3中手骨底間の下陥凹部と第4・第5中手骨底間の下陥凹部の2点に取る
要  穴:
筋  肉:背側骨間筋
運動神経:尺骨神経
知覚神経:橈骨神経、尺骨神経
血  管:第2・第4背側中手動脈
主  治:急性腰痛(ぎっくり腰)など

●急脈(きゅうみゃく) ※禁鍼穴
取穴部位:曲骨穴の外2寸5分、陰毛の際に取る
要  穴:
筋  肉:外腹斜筋
運動神経:肋間神経、腸骨鼡径神経、腸骨下腹神経
知覚神経:腸骨鼡径神経、陰部大腿神経、腸骨下腹神経前皮枝
血  管:精巣挙筋動脈、浅腹壁動脈
主  治:睾丸炎、淋病、外陰炎、腟びらん症など

●風市(ふうし)
取穴部位:大腿外側、膝の上7寸、両筋の間、直立して手掌を大腿内側に当て中指尖端の下際に取る
要  穴:
筋  肉:外側広筋、大腿二頭筋、腸脛靭帯
運動神経:大腿神経、坐骨神経
知覚神経:外側大腿皮神経
血  管:外側大腿回旋動脈下行枝
主  治:脚気、中風、下肢の神経痛、急性腰痛、全身のかゆみ、じん麻疹、頭痛、耳鳴り、難聴など

●鶴頂(かくちょう)
取穴部位:膝蓋骨上縁の中央に取る
要  穴:
筋  肉:大腿四頭筋
運動神経:大腿神経
知覚神経:大腿神経前皮枝
血  管:膝蓋動脈網
主  治:すべての膝疾患など

●膝眼(しつがん)
取穴部位:膝を立てて膝蓋骨下縁の両側陥凹部に取る。※内側を内膝眼、外側を外膝眼という
要  穴:
筋  肉:内側・外側膝蓋支帯
運動神経:
知覚神経:大腿神経前皮枝、伏在神経膝蓋下枝
血  管:膝蓋動脈網
主  治:脚気、中風、すべての膝関節疾患など

●胆嚢点(たんのうてん)
取穴部位:陽陵泉穴の下約1寸の圧痛部に取る
要  穴:
筋  肉:長腓骨筋
運動神経:浅腓骨神経
知覚神経:外側腓腹皮神経
血  管:前脛骨動脈
主  治:虫垂炎、胃痛、下肢麻痺など

●患門の穴(かんもんのけつ)
取穴部位:患者を直立させ、足の第1指尖端に細紐の一端を当て、足底の正中を通し、下腿後面正中そ上行して委中穴に至り切断する。この紐の一端を鼻尖に当て、正中線を上行して、頭頂の正中を経て背
部に下垂し、その下端を脊柱上に仮点する。

次に患者の口を閉じさせ、別に紐の一端を一方の口角に当て、斜上方に鼻中隔下端に至り、さらに斜めに他方の口角までをはかり紐を切断する。この紐の中央を先の脊柱の仮点に当てて左右に水平に伸ばして、その両端の2穴を取り、患門穴とする。

主  治:呼吸器疾患、心臓疾患、疲労による内臓の衰弱など


●張介賓の四華の穴(ちょうかいひんのしかのけつ) 
取穴部位:細紐の中央部を大椎穴に当てて頚に掛け、紐の両端をそろえて前胸部に下垂し、鳩尾穴の部で切断する。この紐の中央部を甲状軟骨の上に当てて背部に回し、脊柱上の紐の尽きる所に仮点する。この仮点に患門の穴で求めた左右口角間の紐の中央を当てて、左右両端に2穴取る。

またその紐を正しく縦(上下)にして、その紐の中央を仮点に当て上下の両端に2穴を取る。張介賓の四華の穴とする。

主  治:呼吸器疾患、心臓疾患など


●小児斜差の灸穴(しょうにすじかいのきゅうけつ)
取穴部位:男児は左肝兪穴と右脾兪穴、女児は右肝兪穴と左脾兪穴を用いる
主  治:小児疾患(特に疳虫症)など

●中風七穴(ちゅうふうななけつ)
取穴部位:(第1説)百会、曲鬢、肩井、風市、足三里、懸鐘、曲池の7穴
(第2説)百会、風池、大椎、肩井、間使、曲池、足三里の7穴
主  治:中風、半身不随、言語障害など

●胃の六つ灸(いのむつきゅう)
取穴部位:膈兪、肝兪、脾兪穴の左右6穴
主  治:食欲不振、消化不良、胃疾患、虚弱体質、胸背痛など

●脚気八処の穴(かっけはっしょのけつ)
取穴部位:風市、伏兎、外膝眼、犢鼻、足三里、上巨虚、下巨虚、懸鐘
主  治:脚気など



鍼灸師になろう!について

鍼灸師になろう!は、試験や専門学校など、これから鍼灸師になりたい方のために、鍼灸師に必要な情報をまとめた総合情報サイトです。 高齢化社会を迎えて需要はますます高まっていくことが期待されており、男性女性を問わず人気のある資格です。素朴な疑問やぜひ知っておきたい東洋医学専門用語などを解説します。