鍼灸師になろうTOP > ツボ入門 > 足の少陰腎経(27穴)

足の少陰腎経(27穴)について

足の少陰腎経(27穴)

●足の少陰腎経の流注
足の第5指外側より脈気を受け、足底の湧泉穴を通って足の内果の後をめぐり、太谿穴より別れて踵の中に入り、下腿内側を上り、膝窩の内側に出て大腿内側を上り、脊柱を貫いて長強穴に会し、前に出て肓兪穴まで上り、腎に属し膀胱をまとう。その直行するものは、腎より上って、肝、横隔膜を貫いて肺に入り、喉頭隆起をめぐって舌根部を挟む。その支なるものは、肺を出て心をまとい胸中に注ぎ、手の厥陰心包経に連なる。

●湧泉(ゆうせん)
取穴部位:足底中央の前方陥中で、足指を屈すると最も陥凹する部に取る
要  穴:井木穴
筋  肉:足底腱膜、短指屈筋
運動神経:内側足底神経
知覚神経:内側足底神経
血  管:足底動脈の枝
主  治:急性・慢性腎炎、浮腫、腰髄麻痺による下肢麻痺・運動障害、婦人科疾患(冷感症、子宮筋腫、不妊症など)、心臓衰弱、心悸亢進症など

●然谷(ねんこく)
取穴部位:内果の前下方、舟状骨粗面の直下に取る
要  穴:榮火穴
筋  肉:下伸筋支帯、母指外転筋、後脛骨筋腱
運動神経:内側足底神経、脛骨神経
知覚神経:内側足底神経
血  管:内側足底動脈
主  治:熱性疾患、膀胱炎、月経不順、小児の慢性中耳炎、扁桃腺炎、心臓疾患など

●太谿(たいけい)
取穴部位:内果の最も尖ったところの高さで、内果とアキレス腱の間陥凹部、動脈拍動部に取る
要  穴:兪木穴、原穴
筋  肉:アキレス腱、長指屈筋腱、後脛骨筋腱
運動神経:脛骨神経
知覚神経:伏在神経
血  管:後脛骨動脈
主  治:手足の冷え、喘息、気管支炎、肋膜炎、咽の腫脹、腎疾患全般、消化不良、胃痛、嘔吐、便秘など

●大鐘(だいしょう)
取穴部位:太谿穴の下5分で踵骨上際、アキレス腱の前陥凹部に取る
要  穴:絡穴
筋  肉:アキレス腱、長指屈筋腱
運動神経:脛骨神経
知覚神経:伏在神経
血  管:後脛骨動脈
主  治:心臓衰弱、咽喉の病、尿閉、足腰の冷え・疼痛、脛骨神経痛、下肢運動障害など

●照海(しょうかい)
取穴部位:内果の直下1寸に取る
要  穴:
筋  肉:後脛骨筋腱、長指屈筋腱
運動神経:脛骨神経
知覚神経:伏在神経
血  管:後脛骨動脈
主  治:婦人科疾患(月経不順、子宮内膜炎、子宮位置異常など)、手足の麻痺、腸疝痛、局所の炎症、捻挫、急性腰痛など

●水泉(すいせん)
取穴部位:太谿穴の下1寸で、踵骨隆起の前、陥凹に取る
要  穴:ゲキ穴
筋  肉:
運動神経:
知覚神経:伏在神経、内側踵骨枝(脛骨神経の枝)
血  管:後脛骨動脈
主  治:婦人科疾患(月経不順、無月経、子宮位置異常、子宮痙攣、子宮出血など)、膀胱炎、足関節捻挫など

●復溜(ふくりゅう)
取穴部位:太谿穴の上2寸で、アキレス腱の前に取る
要  穴:経金穴
筋  肉:アキレス腱、長母指屈筋、長指屈筋
運動神経:脛骨神経
知覚神経:伏在神経
血  管:後脛骨動脈
主  治:体が重い、冷え症、小便赤黄、寝汗、物忘れ、精力減退、耳鳴り、めまい、心臓衰弱、膀胱炎、腎炎、淋病、腹水、腰背部痛など

●交信(こうしん)
取穴部位:復溜穴の前方、復溜穴と脛骨内側縁の間に取る
要  穴:
筋  肉:後脛骨筋、長指屈筋
運動神経:脛骨神経
知覚神経:伏在神経
血  管:後脛骨動脈
主  治:婦人科疾患(出血、月経不順など)、疝気、淋病、盗汗、下腹部痛など

●築賓(ちくひん)
取穴部位:太谿穴の上5寸で、腓腹筋下垂部とヒラメ筋の間に取る
要  穴:
筋  肉:腓腹筋、ヒラメ筋
運動神経:脛骨神経
知覚神経:伏在神経
血  管:後脛骨動脈
主  治:小児胎毒、薬物毒、体内毒、食毒、腓腹筋痙攣、脚気、鼡径ヘルニア、疝気など

●陰谷(いんこく)
取穴部位:膝を少し屈曲し、膝窩横紋の内端で半腱様筋腱と半膜様筋腱の間に取る
要  穴:合水穴
筋  肉:半腱様筋腱、半膜様筋腱
運動神経:脛骨神経
知覚神経:伏在神経
血  管:膝関節動脈網
主  治:性器の不正出血、陰痿、慢性淋病、膝の痛みなど

●横骨(おうこつ) ※禁鍼穴
取穴部位:曲骨穴の外5分、肓兪穴の下5寸に取る
要  穴:
筋  肉:錐体筋、腹直筋
運動神経:肋間神経
知覚神経:腸骨下腹神経前皮枝、腸骨鼡径神経
血  管:浅腹壁動脈、下腹壁動脈
主  治:遺尿、尿閉、咳嗽、腸ヘルニア、淋病など

●大赫(だいかく)
取穴部位:中極穴の外5分、肓兪穴の下4寸に取る
要  穴:
筋  肉:腹直筋
運動神経:肋間神経
知覚神経:腸骨下腹神経前皮枝
血  管:浅腹壁動脈、下腹壁動脈
主  治:膀胱炎、尿道炎、尿意頻数、男女性器疾患、陰痿症、女子不感症、月経痛、子宮筋腫など

●気穴(きけつ)
取穴部位:関元穴の外5分、肓兪穴の下3寸に取る
要  穴:
筋  肉:腹直筋
運動神経:肋間神経
知覚神経:肋間神経前皮枝、腸骨下腹神経前皮枝
血  管:浅腹壁動脈、下腹壁動脈
主  治:婦人科疾患(月経不順、子宮筋腫など)、腰背部痛、慢性下痢など

●四満(しまん)
取穴部位:石門穴の外5分、肓兪穴の下2寸に取る
要  穴:
筋  肉:腹直筋
運動神経:肋間神経
知覚神経:肋間神経前皮枝
血  管:浅腹壁動脈、下腹壁動脈
主  治:婦人科疾患(月経不順、足腰の冷え、不妊症、腹痛など)、下痢、大腸カタル、腹膜炎、腎炎など

●中注(ちゅうちゅう)
取穴部位:陰交穴の外5分、肓兪穴の下1寸に取る
要  穴:
筋  肉:腹直筋
運動神経:肋間神経
知覚神経:肋間神経前皮枝
血  管:浅腹壁動脈、下腹壁動脈
主  治:月経不順、便秘、下痢、腹膜炎、腰痛など

●肓兪(こうゆ)
取穴部位:臍の外5分に取る
要  穴:
筋  肉:腹直筋
運動神経:肋間神経
知覚神経:肋間神経前皮枝
血  管:浅腹壁動脈、下腹壁動脈
主  治:婦人科疾患、男子の精力減退、胃酸過多症、胃潰瘍(左肓兪)、腎疾患、呼吸器疾患など

●商曲(しょうきょく)
取穴部位:下カン穴の外5分、肓兪穴の上2寸に取る
要  穴:
筋  肉:腹直筋
運動神経:肋間神経
知覚神経:肋間神経前皮枝
血  管:肋間動脈、上腹壁動脈、下腹壁動脈
主  治:胃疾患(胃潰瘍、急・慢性胃カタル、胃下垂症など)、胆嚢炎、十二指腸炎、肝臓肥大、肝機能障害、婦人科疾患など

●石関(せきかん)
取穴部位:建里穴の外5分、肓兪穴の上3寸に取る
要  穴:
筋  肉:腹直筋
運動神経:肋間神経
知覚神経:肋間神経前皮枝
血  管:肋間動脈、上腹壁動脈、下腹壁動脈
主  治:婦人科疾患、膀胱炎、胃腸病(胃痙攣、胃炎、腸疝痛、腸カタル、下痢、腹膜炎など)、腎炎など

●陰都(いんと)
取穴部位:中カン穴の外5分、肓兪穴の上4寸に取る
要  穴:
筋  肉:腹直筋
運動神経:肋間神経
知覚神経:肋間神経前皮枝
血  管:肋間動脈、上腹壁動脈
主  治:胃疾患(胃炎、胃潰瘍、胃アトニーなど)、気管支炎、喘息、咳嗽など

●腹通谷(はらつうこく)
取穴部位:上カン穴の外5分、肓兪穴の上5寸に取る
要  穴:
筋  肉:腹直筋
運動神経:肋間神経
知覚神経:肋間神経前皮枝
血  管:肋間動脈、上腹壁動脈
主  治:胃疾患、胆石仙痛、十二指腸潰瘍、肝疾患など

●幽門(ゆうもん)
取穴部位:巨闕穴の外5分、肓兪穴の上6寸に取る
要  穴:
筋  肉:腹直筋
運動神経:肋間神経
知覚神経:肋間神経前皮枝
血  管:肋間動脈、上腹壁動脈
主  治:胃疾患、胃炎、胃痛、しゃっくり、食欲不振、嘔吐、咳嗽、気管支炎、肋間神経痛、健忘など

●歩廊(ほろう)
取穴部位:中庭穴の外2寸、第5肋間に取る
要  穴:
筋  肉:大胸筋、肋間筋
運動神経:胸筋神経、肋間神経
知覚神経:肋間神経前皮枝
血  管:胸肩峰動脈胸筋枝、内胸動脈
主  治:呼吸器疾患、心臓疾患、肋間神経痛、嘔吐、乳腺炎、胃酸過多症、肝炎など

●神封(しんぽう)
取穴部位:ダン中穴の外2寸、第4肋間に取る
要  穴:
筋  肉:大胸筋、肋間筋
運動神経:胸筋神経、肋間神経
知覚神経:肋間神経前皮枝
血  管:胸肩峰動脈胸筋枝、内胸動脈
主  治:胸膜炎、気管支炎、肋間神経津、乳腺炎など

●霊墟(れいきょ)
取穴部位:玉堂穴の外2寸、第3肋間に取る
要  穴:
筋  肉:大胸筋、肋間筋
運動神経:胸筋神経、肋間神経
知覚神経:肋間神経前皮枝
血  管:胸肩峰動脈胸筋枝、内胸動脈
主  治:肋膜炎、気管支炎、肋間神経痛、乳腺炎など

●神蔵(しんぞう)
取穴部位:紫宮穴の外2寸、第2肋間に取る
要  穴:
筋  肉:大胸筋、肋間筋
運動神経:胸筋神経、肋間神経
知覚神経:肋間神経前皮枝
血  管:胸肩峰動脈胸筋枝、内胸動脈
主  治:肋間神経痛、心疾患、胸膜炎、乳腺炎など

●甯甲・いくちゅう)
取穴部位:華蓋穴の外2寸、第1肋間に取る
要  穴:
筋  肉:大胸筋、肋間筋
運動神経:胸筋神経、肋間神経
知覚神経:肋間神経前皮枝、鎖骨上神経
血  管:胸肩峰動脈胸筋枝、内胸動脈
主  治:心臓疾患、気管支カタル、喘息、バセドウ病、大動脈硬化症、肺炎など

●兪府(ゆふ)
取穴部位:旋幾穴の外2寸、鎖骨の下際に取る
要  穴:
筋  肉:大胸筋、鎖骨下筋
運動神経:胸筋神経、鎖骨下筋神経
知覚神経:鎖骨上神経、肋間神経前皮枝
血  管:胸肩峰動脈胸筋枝、内胸動脈
主  治:喘息、気管支炎、咽喉炎、甲状腺肥大、バセドウ病など



鍼灸師になろう!について

鍼灸師になろう!は、試験や専門学校など、これから鍼灸師になりたい方のために、鍼灸師に必要な情報をまとめた総合情報サイトです。 高齢化社会を迎えて需要はますます高まっていくことが期待されており、男性女性を問わず人気のある資格です。素朴な疑問やぜひ知っておきたい東洋医学専門用語などを解説します。