鍼灸師になろうTOP > 東洋医学用語 > 心(しん)

心(しん)について

心(しん)
心とは、心臓のことをさす。東洋医学古典に示されている心の機能には、以下のものがある。
①『心は君主の官』即ち、五蔵中最も重要な臓器で、五蔵五腑を統括する。
②『心は血脈を主る』即ち、全身の血液運行の中心である。
③『心は顔面に現われる』即ち、顔面の色艶は、血液運行の状態を反映している。
④『心は舌に開竅する』即ち、舌の運動を支配し、味覚をつかさどる。
⑤『心の液は汗である』即ち、汗と関係がある。



鍼灸師になろう!について

鍼灸師になろう!は、試験や専門学校など、これから鍼灸師になりたい方のために、鍼灸師に必要な情報をまとめた総合情報サイトです。 高齢化社会を迎えて需要はますます高まっていくことが期待されており、男性女性を問わず人気のある資格です。素朴な疑問やぜひ知っておきたい東洋医学専門用語などを解説します。