鍼灸師になろうTOP > 東洋医学用語 > 肝(かん)

肝(かん)について

肝(かん)
肝とは、肝臓のことをさす。東洋医学古典に示されている肝の機能には、以下のものがある。
①『肝は血を蔵す』即ち、血液に貯蔵庫である。
②『肝は将軍の官』即ち、判断力や計画性などの精神活動を支配する。
③『肝は筋を主る』即ち、筋肉の疲労・筋力・運動機能と関係がある。
④『肝は目に開竅する』即ち、視力と関係がある。
⑤『肝の液は涙である』即ち、涙と関係がある。
⑥『肝は爪に現われる』即ち、爪の厚薄・血流などの状態は肝の機能と関係がある。



鍼灸師になろう!について

鍼灸師になろう!は、試験や専門学校など、これから鍼灸師になりたい方のために、鍼灸師に必要な情報をまとめた総合情報サイトです。 高齢化社会を迎えて需要はますます高まっていくことが期待されており、男性女性を問わず人気のある資格です。素朴な疑問やぜひ知っておきたい東洋医学専門用語などを解説します。