鍼灸師になろうTOP > 東洋医学用語 > 五腑(ごふ)

五腑(ごふ)について

五腑(ごふ)
五腑とは、胆・小腸・胃・大腸・膀胱の五つの中腔生の内臓のことで、一般に、解剖学的なものよりも幅広い生理学的な働きを重視してとらえられている。これに三焦を加えて、六腑とすることもある。腑は臓と対をなしており、肝と胆、心と小腸、脾と胃、肺と大腸、腎と膀胱、心包と三焦というようなくみあわせである。陰陽で分けると、五腑は陽である。



鍼灸師になろう!について

鍼灸師になろう!は、試験や専門学校など、これから鍼灸師になりたい方のために、鍼灸師に必要な情報をまとめた総合情報サイトです。 高齢化社会を迎えて需要はますます高まっていくことが期待されており、男性女性を問わず人気のある資格です。素朴な疑問やぜひ知っておきたい東洋医学専門用語などを解説します。