鍼灸師になろうTOP > 東洋医学用語 > 陰陽五行論(いんようごぎょうろん)

陰陽五行論(いんようごぎょうろん)について

陰陽五行論(いんようごぎょうろん)
古代中医学の理論である、すべての物事や現象を陰と陽の二つに分けて相対的変化としてとらえるという陰陽論と、天地間のすべての物事や現象を、木・火・土・金・水の五つの要素に区別して、相生・相剋の働きによって質的に変化するという五行論。これらの自然哲学を医学に応用したもので、一般的に二つ合わせて、陰陽五行論という。



鍼灸師になろう!について

鍼灸師になろう!は、試験や専門学校など、これから鍼灸師になりたい方のために、鍼灸師に必要な情報をまとめた総合情報サイトです。 高齢化社会を迎えて需要はますます高まっていくことが期待されており、男性女性を問わず人気のある資格です。素朴な疑問やぜひ知っておきたい東洋医学専門用語などを解説します。