鍼灸師になろうTOP > 東洋医学用語 > 経絡(けいらく)

経絡(けいらく)について

経絡(けいらく)
経絡とは、気血榮衛の流れる通路として古代中国で考え出されたものです。気血榮衛が経絡の内外を流れることにより全身にめぐり、人体の各部を連結し、人身を養っています。また、五臓にも行きわたり、人体が健常であれば経絡も正常であり、病気などの異常があれば経絡に変化があらわれるとしています。

経絡の経は経脈を意味し、絡は経脈と経脈を連絡すものや経脈以外の細い絡脈という意味です。仮に経絡を電車の走る線路に例えるならば、経脈は本線で絡脈は枝線と考えられます。

経脈には十二の主要なものがあり、他に八つの奇経と呼ばれるものがあります。経脈は三陰三陽に分類され、三陰を、太陰・少陰・厥陰に、三陽を、太陽・陽明・少陽に分類され、手足にそれぞれ三つずつの合計十二あります。そして、陰経は臓に属し腑と絡し、陽経は腑に属し臓と絡しています。



鍼灸師になろう!について

鍼灸師になろう!は、試験や専門学校など、これから鍼灸師になりたい方のために、鍼灸師に必要な情報をまとめた総合情報サイトです。 高齢化社会を迎えて需要はますます高まっていくことが期待されており、男性女性を問わず人気のある資格です。素朴な疑問やぜひ知っておきたい東洋医学専門用語などを解説します。