鍼灸師になろうTOP > めざす人のためのQ&A > 鍼灸師の職場には何があるの?

鍼灸師の職場には何があるの?について

鍼灸師の職場には何があるの?
鍼灸師の資格を持つ人が、現在どのような職場で働いているのか?いくつか紹介していきます。

①鍼灸治療院を開業
開業している人の多くは、養成学校を卒業後、数年間は1つ、又は複数の治療院で修行したのちに自分の治療院を開業しているようです。中には、卒業後すぐに開業する人もいますが、その多くはある程度年配の方のようです。しかし、学校によっては開業のノウハウを教えてくれるところもあるので、決して無謀なことではありません。

②鍼灸治療院に勤務
多くの人は卒業後に治療院にスタッフとして勤務します。学校の求人を見たり、知り合いの先生に弟子入りしたりということが多いです。若い学生の多くは、この進路を取るのがほとんどのようです。

③病院勤務
多くは整形外科のリハビリに勤務しますが、中には内科や神経内科などの疾患の治療に鍼灸を取り入れている病院もあります。求人募集は、治療院勤務に比べあまり多くはありません。

④スポーツトレーナー
プロスポーツチームや社会人チームなどの専属トレーナーとして、鍼灸治療を行っている人。治療院内にトレーニング施設がある治療院で、アマチュアからプロのアスリートのコンディショニングを行っている人。これらの人たちは、鍼灸師全体の割合では、少数しかいません。現在では、それだけ狭き門と言えますが、近年の健康ブームの影響もあり、身体のケアを大切にする人が増えてきているので、今後伸びてくる職種かもしれません。専属トレーナーのほとんどは、鍼灸師の資格をもっているので、それを目指す人にとって鍼灸師は必須の資格とも言えます。欧米諸国など、海外のプロチームでも鍼灸師をトレーナーとして契約している競技がいくつもあります。アメリカンフットボール・陸上競技・野球などは有名です。

⑤美容関係
現在の美容関係の仕事の中には、東洋医学的な効果を利用しているものも多くあります。例えば、耳つぼを使ったダイエットや全身の気の流れを整える美容健康法などがあります。そのため、特に女性の鍼灸師の活躍する場として期待されます。

⑥海外
鍼灸師は中国を中心としたアジア諸国だけでなく、欧米の先進諸国や南米諸国でも活躍しています。あまりピンとこないかもしれませんが、特に欧米の先進諸国では東洋医学の人気は高く、養成学校もあります。日本で資格を取得して海外へ行く人は年々増えてきています。



鍼灸師になろう!について

鍼灸師になろう!は、試験や専門学校など、これから鍼灸師になりたい方のために、鍼灸師に必要な情報をまとめた総合情報サイトです。 高齢化社会を迎えて需要はますます高まっていくことが期待されており、男性女性を問わず人気のある資格です。素朴な疑問やぜひ知っておきたい東洋医学専門用語などを解説します。