鍼灸師になろうTOP > めざす人のためのQ&A > 養成学校の競争率と試験内容は?

養成学校の競争率と試験内容は?について

養成学校の競争率と試験内容は?
鍼灸のみならず東洋療法の専門学校の競争率は、全国平均で2~3倍と他の専門学校よりも高い傾向にあります。しかしながら、現在は全国に新設校が乱立していることもあり、受け入れ口が広がっているので、人気のある学校でなければ、それほど競争率も高くはないようです。入学試験の多くは、高校卒業時レベルの一般教養問題と小論文と面接です。特に面接試験は重視され、「なぜ鍼灸師になりたいのか?」・「なぜうちの学校を選んだのか?」という質問は、必ず聞かれるのでしっかり答えられるようにしておくとよいでしょう。もちろん、見た目には清潔感があるように心がけて下さい。



鍼灸師になろう!について

鍼灸師になろう!は、試験や専門学校など、これから鍼灸師になりたい方のために、鍼灸師に必要な情報をまとめた総合情報サイトです。 高齢化社会を迎えて需要はますます高まっていくことが期待されており、男性女性を問わず人気のある資格です。素朴な疑問やぜひ知っておきたい東洋医学専門用語などを解説します。