鍼灸師になろうTOP > めざす人のためのQ&A > 鍼灸師になるために必要な事とは?

鍼灸師になるために必要な事とは?について

鍼灸師になるために必要な事とは?
鍼灸師になるために必要な事とは、どんな事なのでしょうか?それには4つの
要素があります。

①『時間』
どんなに鍼灸師になりたくても、学校に通う時間と自宅で勉強する時間が取れなくては非常に難しいでしょう。学校を選ぶ際は、通学にかかる時間と授業時間をしっかり確認して、負担が少なく、休まずに通える学校を選びましょう。

②『お金』
鍼灸師の免許を取得するためには、3年間養成学校で学ばなくてはいけません。その学費は、3年間で約450万円前後かかります。これは全国どこの学校でも、ほぼ一緒のようです。

③『体力』
時間もお金もあるけど、体力がなくては厳しいでしょう。特に夜間部へ通う方は、昼間は仕事をして、夕方から学校へ行き、夜は家に帰って勉強というライフサイクルが3年間続きます。また、資格を取って実際に鍼灸師として働き始めると、1日に何人もの患者さんを治療するわけですから、体力がなくては非常に厳しい世界と言えます。

④『やる気』
鍼灸師になるためには、最も重要な要素です。たとえ資格を取ったとしても、常に勉強し続けなければならない職業です。この場合、勉強といっても教科書に載っていることだけでなく、臨
床の現場で患者さんから学ぶことが非常に多くあります。それは、何気ない気配り・優しさ・言葉使い・ユーモアのセンスであったりするわけです。『治療とは、単に病気を診るのではなく、人を診ること』と考えることが大切であり、常に『自分はこういう鍼灸師になりたい』と信念を持っておくべきでしょう。ですから、いくら親や友人に勧められたとしても、本人にやる気がなければ、お金と時間の無駄になるだけなので、この道に進むのはやめた方が良いでしょう。



鍼灸師になろう!について

鍼灸師になろう!は、試験や専門学校など、これから鍼灸師になりたい方のために、鍼灸師に必要な情報をまとめた総合情報サイトです。 高齢化社会を迎えて需要はますます高まっていくことが期待されており、男性女性を問わず人気のある資格です。素朴な疑問やぜひ知っておきたい東洋医学専門用語などを解説します。