鍼灸師になろうTOP > めざす人のためのQ&A > 鍼灸師に向いてる人とは?

鍼灸師に向いてる人とは?について

鍼灸師に向いてる人とは?
どのような仕事でも向いてる人と不向きの人がいるように、鍼灸師にも向き不向きがあります。まず鍼灸師向きの人とは、性格は明るく、人と話したり聞いたりするのが好きで、人前で緊張しない人、お金儲けよりも、痛い・つらいをなんとかしてあげたいという精神をもった人。そして、指先の感覚に優れた器用な人です。ですから、人付き合いが嫌いな人や金儲け主義の人は鍼灸師には不向きの人です。また、鍼灸の治療には指先の微妙な感覚が必要とされるので、手先が不器用な人については、相当努力をしなければ成功するのは難しいでしょう。



鍼灸師になろう!について

鍼灸師になろう!は、試験や専門学校など、これから鍼灸師になりたい方のために、鍼灸師に必要な情報をまとめた総合情報サイトです。 高齢化社会を迎えて需要はますます高まっていくことが期待されており、男性女性を問わず人気のある資格です。素朴な疑問やぜひ知っておきたい東洋医学専門用語などを解説します。